園長のぶつぶつ日記
2018年9月23日(日
■お中日
 お彼岸のお中日、暦上では秋分の日となって、夕日が真西に沈む日にあたります。境内にある曼珠沙華がこの時期になるとぴったりと花開き、赤と白の細い花びらがくるんと丸まった花を咲かせます。別名彼岸花と呼ばれるのは、たまたまこの時期に花開くタイミングからと、この球根が毒を含んでいて(人間には漢方薬に使われるくらいだから、薬ともなります)、地面を掘るモグラや土ネズミが近づかないように、お墓やお寺に多く植えられているせいでしょう。長安寺の境内にもたくさんの彼岸花が咲き、とてもきれいです。
 長安寺ではお中日にお檀家さんがたが集まって、10時と午後1時の2回の法要をおつとめします。この法要をおつとめして、おつとめが終わった卒塔婆を持ってお墓参りにいらっしゃるかたをお迎えします。この卒塔婆書きに昨晩はかかりきりとなり、書き終えて誤りがないかをチェックしたのが夜半過ぎ、これですっかり安心してソファーにゴロンとしたまま昇天してしまいました。かくして昨晩日記をとばした言い訳。
 今日はお天気にも恵まれて本堂に入りきれないくらいのかたがおまいりくださいました。天井の高い本堂ですけど、これだけのかたがいらっしゃるともうムンムンとしてきます。とちゅうからエアコンを入れて、おつとめするようになりました。
 さてさてお彼岸が終わると、次に控える行事は運動会、今のところ長期予報は芳しくありません。ここはひとつみなさまの念力パワーを拝借して、エーイ晴れろ!と当日までに予報を動かしていきたいところ!