園長のぶつぶつ日記
2018年1月16日(火)
■撮影日和
 ポカポカと暖かく風もやんで最高の撮影日和に恵まれました。日向で写真撮影に参加して子どもたちをクラスごとに並べていたら、暑くて汗が出てきそうになったくらいです。もしかしたら、今年に入って今日が最高の小春日和だったのかもしれません。あまりにお天気が良すぎで、太陽の光がまぶしてくて、目をつぶってしまう子に注意しなくちゃ行けなかったのは予想外でした。これだけのお天気に恵まれたんだから、贅沢は言えません
 問題は昨日書いたとおり欠席数。撮影している最中はどのくらい欠席者がいるのかはわかりません。欠席者は後日に撮影をして加えるのですが、あまりに欠席が多いとこのz作業が大変です。最後の職員会議で届出のある伝染病と欠席者数を確認するのですが、今日はもうドキドキもの。結果としてはAとBのインフルエンザが12名、家族のかたのインフルエンザによる欠席と風邪による欠席を加えて26名のお休みということになりました。昨日から欠席者数は増減なしと言うことで、インフルエンザが流行り始めた時期の写真撮影としてはよしとするべき欠席者数でしょう。
 朝の9時半から撮影が始まり、10時半には全クラスの撮影が完了しました。実に順調に進み、あれっ?もしかしてどこかのクラス撮り忘れたんじゃないかと放送を入れて確認をしたくらいです。僕と副園長は全写真の後ろに入りながら、子どもたちの様子を写真撮影しました。そもそも写真撮影は写真屋さんが摂るのですが、並ぶまでの子どもたちの表情が実に楽しいのです。うっかり脇から撮影に熱中していると、「園長先生、早く並んでください」とおしかりを受けました。